ドンズバ峰岸の魂の競馬予想

【中日新聞杯2017】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

time 2017/12/05

【中日新聞杯2017】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

こん〇〇はドンズバ峰岸です。

 

 

2017年12月9日(土)に行われる「中日新聞杯 2017」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

中日新聞杯2017 出走予定馬

 

登録馬は以下の22頭となっています。

 

ヴォージュ 54.0
グァンチャーレ 55.0
クィーンチャーム 52.0
ケントオー 56.0
サラトガスピリット 53.0
ショウナンバッハ 54.0
スズカデヴィアス 56.5
ストーンウェア 54.0
タイセイサミット 56.0
パドルウィール 54.0
バンドワゴン 54.0
フェイマスエンド 53.0
フェルメッツァ 55.0
フルーキー 57.0
マイネルディーン 53.0
マウントロブソン 57.5
マキシマムドパリ 55.0
ミッキーロケット 57.5
メイケイレジェンド 51.0
メートルダール 55.0
レコンダイト 55.0
ロードヴァンドール 56.0

 

予想オッズ

1 ミッキーロケット 2.8
2 マウントロブソン 3.6
3 メートルダール 6.0
4 マキシマムドパリ 6.6
5 スズカデヴィアス 8.2
6 バンドワゴン 13.9

 

予想オッズ上位人気馬の見解

ミッキーロケット

戦績は17戦4勝。父キングカメハメハ、母父Pivotal。
1月の日経新春杯2017を制した後も強敵相手にコンマ差の競馬を続けきた。
唯一の大敗を喫した前走の天皇賞(秋)は道悪が響き参考外の一戦。
戦ってきた相手を考えればG3戦のここはトップハンデでも当然主役。

 

マウントロブソン

戦績は12戦5勝。父ディープインパクト、母父Mr. Greeley。
ディープインパクト産駒には珍しく、切れ味で勝負するタイプでは無く道悪もこなす持久力勝負がベストのタイプ。
ミッキーロケットと同ハンデ57.5キロは見込まれた印象も素質はココでもヒケを取らない。

 

 メートルダール

戦績は14戦5勝。父ゼンノロブロイ、母父Silver Hawk。
重賞初勝利の期待が懸かった前走の関屋記念2017は「馬が全く進んでいかなかった(Mデムーロ談)」との事でまさかの12着。
5勝中4勝が2000Mで挙げたものであり、中京コースも合いそうで条件好転。
トップハンデ2頭と比べ実績は劣るも55キロのハンデなら勝負になっていい。

 

マキシマムドパリ

戦績は24戦6勝。父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンス。
愛知杯2017、マーメイドステークス2017を制すなど今年は重賞を2勝し素質が開花。
前走のエリザベス女王杯も12番人気ながら積極策からコンマ2秒差の4着に好走しており、
今の状態なら牡馬相手でもG3なら楽に通用するハズ。

 

スズカデヴィアス

戦績は28戦4勝。父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンス。
勝ち鞍4勝は全て2000M以上で挙げたモノで今年も7戦全てが2000M。
復帰戦のオクトーバーステークス2017がコンマ4秒差3着、前走の福島記念2017がクビ差2着に好走しており、更なる上積みが見込める今回は怖い存在。

 

バンドワゴン

戦績は10戦4勝。父ホワイトマズル、母父Unbridled’s Song。
6歳馬ながら僅か10戦のキャリアでまだまだ伸び代がありそうな馬。
ただ、ここ2戦の内容からG3ではまだ家賃が高い印象でまずは見せ場を作ってからか。

 

現時点での狙い馬候補

中日新聞杯は施行時期の変更が多いレースで、昨年までは春季開催でに行われていたが今年から再び冬季開催に変更、この時期のG3という事もあり大荒れ決着も十分とみています。

上記6頭のなかで、現時点の狙い馬はコノ馬です。⇒⇒ 人気ブログランキングに書いてあります。

人気の盲点となりそうですが、状態の良さと中京2000M適性から期待値が一番高そうなのはコノ馬になりそうです。

 

2017地方競馬予想記事

2017地方競馬予想追い切り(調教)タイム

2017年G1レース予想記事

2017年競馬予想結果&回顧

2017年競馬予想記事

2017年競馬予想追い切り(調教)タイム

2018年G1レース予想記事

2018年競馬予想結果&回顧

2018年競馬予想記事

2018年競馬予想追い切り(調教)タイム

お知らせ

スポンサーリンク

【SNSフォロー大歓迎!】

友だち追加
ツイッターフォロー