ドンズバ峰岸の魂の競馬予想

【中山牝馬ステークス2018】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

time 2018/03/08

【中山牝馬ステークス2018】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

こんばんはドンズバ峰岸です。

 

 

2018年3月10日(土)に中山競馬場で行われる「中山牝馬ステークス2018」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

 

中山牝馬ステークス 出走予定馬

 

登録馬は以下の17頭となっています。

 

エテルナミノル 56.0
エンジェルフェイス 54.0
オートクレール 53.0
カワキタエンカ 53.0
キンショーユキヒメ 53.0
ゲッカコウ 54.0
シャルール 54.0
トーセンビクトリー 56.0
ノットフォーマル 52.0
ハローユニコーン 52.0
バンゴール 53.0
ヒストリア 51.0
ブラックオニキス 53.0
フロンテアクイーン 54.0
マキシマムドパリ 56.0
レイホーロマンス 52.0
ワンブレスアウェイ 54.0

 

予想オッズ

1 フロンテアクイーン 3.6
2 マキシマムドパリ 4.0
3 トーセンビクトリー 4.4
4 カワキタエンカ 6.2
5 エテルナミノル 10.4

 

予想オッズ上位人気馬の見解

 

フロンテアクイーン

戦績は19戦2勝。父メイショウサムソン、母父サンデーサイレンス。

昨年の福島牝馬ステークス2018でクビ差2着、前走のターコイズステークス2017もクビ差2着と牝馬限定なら重賞制覇は目前。
帰厩後の乗り込み量も豊富でココは重賞初制覇のチャンス!

 

マキシマムドパリ

戦績は26戦6勝。父キングカメハメハ、母父キングカメハメハ。

前走の愛知杯2018は位置取りが悪過ぎ脚を余した3着でレース内容は評価出来る。
昨年は愛知杯2017、マーメイドステークス2017と重賞を2勝しており実績は上位で、

 

トーセンビクトリー

戦績は23戦6勝。父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンス。

昨年の中山牝馬ステークス2017で念願の初重賞制覇を果たし、クイーンステークス2017でも僅差2着に好走も、ムラがある馬だけに全面的な信頼を置けない。
当然連覇を狙ってきたが56キロの斤量は厳しく危険な人気馬だろう。

 

カワキタエンカ

戦績は9戦2勝。父ディープインパクト、母父クロフネ。

とにかく行くだけ行って粘り込みを狙う。
ローズステークス2017で0.2秒差2着、秋華賞2017もハイラップを刻みながら0.7秒差5着と行ければ相当に渋太い。
牝馬限定戦なら古馬相手でも行き切れれば粘り込み十分。

 

エテルナミノル

戦績は19戦6勝。父エンパイアメーカー、母フジキセキ。

前走の愛知杯2018で念願の重賞制覇も実績面を考えれば2キロ増の56キロは厳しい。

 

現時点での狙い馬候補

現時点ではコノ馬から勝負したい。⇒⇒ 人気ブログランキングに書いてあります。

2017地方競馬予想記事

2017地方競馬予想追い切り(調教)タイム

2017年G1レース予想記事

2017年競馬予想結果&回顧

2017年競馬予想記事

2017年競馬予想追い切り(調教)タイム

2018年G1レース予想記事

2018年競馬予想結果&回顧

2018年競馬予想記事

2018年競馬予想追い切り(調教)タイム

お知らせ

スポンサーリンク

【SNSフォロー大歓迎!】

友だち追加
ツイッターフォロー